老人漂流社会〜終の住処はどこに〜

スポンサードリンク

 

事も無く生活出来る状況が続けば

いつしか誰もが老いてゆき、

死んでしまうということは

誰もが理解しているはずです。

a0001_000180

頭で理解しているということと、

現実が思い通りになることとは違う。

 

そのことも、みんな理解しているはずです。

 

それにしても、、、

 

という状況が

どうやら現在の日本で巻き起こっているようで

最近はそんな話題に事欠きません。

 

最後の瞬間をどこでどうやって誰と迎えるのか。

誰の身にも平等に降りかかる問題です。

 

病院、老人ホーム、介護施設も満杯

なかなか受け入れてもらえない。

 

そもそも受け入れてもらおうにもお金の問題もある。

 

余裕のある暮らしが出来ている人が

この日本にいったい何人いるのだろう。

 

自宅で死を迎えるのも、

まず家族の支えがないと到底叶うものでもありません。

 

核家族、一人暮らしが多い現代。

いざ死を迎える時にだけ

都合良く家族や親戚が集まってくれるものでしょうか。

 

そもそもずっと独り身の人はどうしたら、、、

 

考えれば考えるほど問題は山のように出てきそうです。

まさに死のうにも死ねない、

という現状がそこにはあるのかもしれません。

 

 

高齢者の方の犯罪も増えているそうです。

軽犯罪を犯し、刑務所にいる方が生活の安全が保証されるから

というのがその理由で、

出所しても舞い戻る人が後を絶たないという話も。

 

そこまでしてまで・・・

と笑っていられた時代はいつまでだったのでしょう。

 

そこまでしないまでも、

病院⇒自宅⇒病院・・・と、

行き場なく漂流させられるお年寄りが増え続けています。

 

今あなたはどこにいて、そばには誰がいますか。

明日、明後日、1年後、5年後、最後の時。

あなたは私は、どこにいて誰といるのでしょうか。

 

血の繋がりのあるなしに関わらず、

今そばにいてくれてる人と、

より深いコミュニケーションを取るべき時代が

来ているのかもしれません。

 

それは自分のためでもあり、相手のためにもなりうるはず。

 

もちろん気持ちだけの問題ではなく、

実際にもしもの時に助けてもらえそうな行政の制度や

NPOなどを事前に調べておくことも必要だと思います。

 

この世を去る最後の瞬間、

漂流したままではなく

どこかにしっかりといかりを下ろしておきたいものです。

a0002_004012

いま、出来ることから始めましょう。

 

スポンサードリンク

コメントを残す