ヒートショックとは?症状と対策

スポンサードリンク

 

んと今日は寒いなー。

 

そう思って着込んで出かけてみたものの、

電車やお店の中が暑くって

汗かいちゃうってことありませんか?

 

そして外に出た途端に

北風にさらされてぞくぞくする…なんてこと、

私はしょっちゅうです。

真夏は真夏で逆のことが起こるし。。

 

もちろん、

四季のある日本では当たり前のことだし、

着るものである程度は調節はできますけど。

 

薄手の羽織るものを用意したり、

重ね着していつでも数枚脱げるようにしたり。

 

でも、そうやって毎日気を配って

着るものを考えるのも大変ですよね。

それにどうしてもワンピースが着たいとか、

おしゃれしたいときもあるじゃないですか!笑

 

だけどだけど。

そんなことも言ってられない状況に

なりそうな問題があるんです。。

 

『ヒートショック』って

耳にしたことありますか?

 

急激な温度の差にさらされて、

血管が収縮して脳梗塞などを起こしてしまうことなんです。

血圧の急な変化は心臓にも負担ですし!

特に冬場のお風呂などで起こることが多いみたいですね。

 

↓こんなヒートショック対策の商品も販売されているくらいです。

 

そりゃそうですよねー。

ぽっかぽかにあったまった身体が

いきなり冬の気温にさらされるわけですから。

血管もキューッとなるってもんです。

 

特にお風呂場でなんて裸だから、

衣服で調節なんて言ってられないですよね。

 

甘くみてはいけませんよー!

おじいちゃんおばあちゃんだけが

なっちゃうわけじゃないんですから!

 

みんな血の通った人間ですから!笑

ということで、なるべく気温の差がないように

あらかじめ部屋を暖めておくのがおすすめです!

 

って、そんなことわかってるだろうけど、

わかってることほど出来ないのが人間ってもんです。笑

 

あ!

お風呂上りの冷え冷えのビールを

キューッと飲むなんんてのもおすすめしませんよ!!

 

健康第一!!!

 

あああ、性格や行動やしぐさのギャップは

恋愛においてはかなり素敵な効果なのに…

気温に関してはいいことなしですね・・・笑

 

上の動画で紹介してるのはこれです↑

 

ここまで付けたりするかは人それぞれですが、

こういうのを使ってみる価値もあるかもしれないですね!

スポンサードリンク

コメントを残す