サザエさんに娘!?その名もヒトデちゃん【画像】

スポンサードリンク

 

今日の記事はこちらの曲を聞きながらどうぞ!

曜日の夕方といえば『サザエさん』ですよね。

日曜日は『笑点』を見て、『ちびまる子ちゃん』を見て、最後は『サザエさん』

サザエでございま~す。

私はいつもこのパターンです。

サザエさんって以外と勉強になるんですよね。

この間は『七草がゆ』についてでしたよ。

せり、なずな、ごきょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ。

全部は知らなかった…(^_^;)

 

ところでサザエさんについて驚いた話が、、

サザエさんにはなんと娘がいたらしいのです!!!

サザエさんの子供といえばタラちゃんですが、

そのタラちゃんの妹です!!

 

それがこちら。赤い矢印の先の子です!

ヒトデ

 

・・・

 

すいません。見づらいですよね^^;

 

改めて、こちらです。

ヒトデちゃん

ヒトデちゃんといいます。

似てますよねタラちゃんに^^

 

サザエさんとマスオさんの間にはタラちゃんだけ

だと思っていましたが、

その後『フグタヒトデ』というタラちゃんの妹が生まれるのです。

 

サザエさんの原作者『長谷川町子』さんは

1954年に『サザエさん一家の未来予想図』

という本を出版しています。

 

10年後の磯野家について描かれたこの本には

『ヒトデ』ちゃんという娘が登場しています。

顔はワカメちゃんにもそっくりですね!笑

ヒトデちゃんが出ている『サザエさん』が見てみたい!!

 

10年後ですから、

波平さんもフネさんもカツオ君もワカメちゃんもサザエさんもマスオさんも

タラちゃんもタマも…

みんな歳をとることになりますよね。

 

そんなことはサザエさんでは難しいのかな。

でもでも『クレヨンしんちゃん』のひまわりのように

しんちゃんに妹が生まれるようなこともあるので、、、

『サザエさん』でもあり得るかも!?

期待!!

 

てゆかそもそもサザエさんの苗字って「磯野」だと思ってませんでした?

私は磯野だと思ってました。

マスオさんって婿養子じゃなかったんですね。

 

ちなみにこの現象は1989年の流行語にもなっているらしく、

養子でもないのに、奥さんの両親と一緒に暮らすことを

「マスオさん現象」と言うらしいです。

 

流行語まで生み出すなんて、、

やっぱりサザエさんって偉大。

 

それにしても『サザエさん』ってなんというか

日本の心ですよね。

なんだかサザエさんのテーマを聞くだけでホッとしませんか?

 

そんなサザエさんについて

余すところなく知りたい方にはコレがおすすめです!

サザエさん公式大図鑑!

これがあればあなたもサザエさん博士!

登場キャラクター全62人のプロフィール紹介まで載ってますよ^^

スポンサードリンク

コメントを残す