重力平衡形状とは?高層建築の限界とエベレスト【動画付】

スポンサードリンク

 

ゅうりょくへいこうけいじょう?

難しい言葉ですね^^;

早口言葉にすらなりそうです。

 

この重力平衡形状という力が

高層建築物の限界と密接な関係があるらしいのです。

 

それじゃあこの重力平衡形状について簡単に説明しますね。

詳しく説明すると1日かかりそうなレベルなのでほんとにかんたんに!

 

重力平衡形状とは?

 

平衡形状とは「維持できる形」のことです。

 

つまり重力平衡形状とは、

「重力の中でその物質がバランスを保って維持できる形」

という意味ですね。

 

 

、、、うん。

意味がよくわからないですよね。

 

ちょっと詳しく説明します。

 

 

地球を含めて、一定の質量を超える

重力によって形成されたほとんど全ての惑星、

天体はほぼ完璧な球の形をしています。

earth

地球を含む大きな質量の天体が持つ引力は、

中心に向かって、とても強い力で働いているわけです。

それが重力。

 

ニュートンの万有引力の法則って聞いたことありますよね?

「全ての質量を持つものは、互いに引き合う力を持っている」

っていうあれです。

 

天体が球状なのは、その重力が外部や内部の圧力と吊り合って

無重力状態の中で拮抗し、バランスがとれているからなのです。

 

この状態の形が「重力平衡形状」ということです。

 

、、、わかります?

簡単に説明したつもりですが、なかなか難しいですよね。

 

 

 

 

で、

それが高層建築物となんの関係があるの?

ってことなんですが、

 

 

地球の表面以上に高さのある高層建築物を作ろうとした場合には

地球全体をも完全な球に丸め込むほどの

圧倒的な力が働くわけです。

 

とにかく圧倒的な力で

球体に押し込めようとする力が働くんですね。

 

 

でその限界点が、

世界一高い山、エベレストの頂上の高度なんだそうです。

 

正確には、現時点では限界上限と考えられているんです。

 

 

 

いま宇宙エレベーターができる!とか

そういう話が話題になっていますが、

こういった問題を天才科学者たちがどうクリアしていくのか、

とても楽しみです!

 

私は宇宙が好きだと前にお話しましたが、

今日も宇宙のロマンを絡めたお話になりましたね!

 

それでは今日は、

「重力平衡形状(じゅうりょくへいこうけいじょう)」

についてでした(・∀・)

 

 

 

、、、余談ですがこれ知ってます?

 

宇宙ファンへ贈るスペースシリーズ

宇宙食のアイスクリーム!

スペースアイスクリームって商品なんですが、

本物のアイスクリームを特殊乾燥させたものなんです。

なんと冷たくない。笑

 

保存食で腐らないですし、

かなり話題にもなると思うので、

プレゼントなんかしてもおもしろいですよね!

 

気に入ったので紹介してみました^^

 

スポンサードリンク

コメントを残す