幼稚園 初めてのお弁当

 

生って面白いもので、

初めてのものってとっても印象深く覚えてますよね。

 

それだけ初めてのことって衝撃的ということなんだと思います。

初恋、なんてそれだけで小説になっちゃうくらいですから。


新潮文庫<はつ恋:ツルゲーネフ>

 

これはこれですばらしいお話なんですが、

それはさて置き今回は初めてのお弁当のお話です。

 

手作りのお弁当って嬉しいですよね。

ましてや初めてのお弁当。

開ける時のどきどきったら!!

 

・・・でもね?

初めてのお弁当の中身、覚えてますか?

私は覚えてません。

 

もちろん、嬉しいなーと思った気持ちだとかは覚えてますが

おかずは何が入ってた?って聞かれたら

正直覚えてません。

 

むしろどんなお弁当箱だったかとか、

そういうことの方が覚えてたりして。

みなさんはどうでしょうか。

 

もうすぐ入園・入学の季節ですよね。

お弁当作りが日課になるご家庭も

多いのではないでしょうか。

 

キャラ弁だとか、早く美味しくだとか、

お弁当に関する書籍が山ほど書店の棚に並ぶ季節です。

 

もちろん、日々のお弁当箱をぱかりと開けた時の

喜びは大事だと思います。

だけど、ここであえて提案したいのは

お弁当箱にこだわること。

そして、お弁当グッズにこだわること。

 

数年後、そして大人になってから、

ふと思い出すのはその部分です。

 

私の場合だと、お弁当箱は楕円形のものでした。

そしてそれを包んでくれていたナプキンがとても印象的で。

 

可愛いキャラクターのナプキンだったんですが、

四隅の一カ所に吹き出しが付いていて

 

「すききらいせずになんでもおいしくたべて

 げんきでかわいいこにそだってね。おかあさんより」

 

と油性ペンで書かれていました。

 

毎回お弁当を開ける時にその言葉が目に入って

とても嬉しかったのを覚えています。

 

美味しくて嬉しい。

それがお弁当の真髄ですよね!

私も今年はお弁当生活がんばります!